MARIE BRIZARD WINE & SPIRITSについて

bnr_mariebrizard

「世界のウォッカ・ビジネスのリーダー」を目指す

ソビエスキー・ウォッカを所有するのはマリー・ブリザール・ワイン&スピリッツ社、世界的なリキュールブランドである「マリーブリザール」も所有する企業です。 ただ、同社の2015年7月1日までの社名はモエ・ヘネシー社のスーパー・プレミアム・ウォッカと同じベルベデール社でした。 ここにはソビエスキー・ウォッカ誕生の興味深い背景があります。

ベルベデール社の二人の創立者C.TrylinskiとJ.Rouvroyは世界初のポーランド産スーパー・プレミアム・ウォッカとして「ベルベデール」と「ショパン」を開発しました。 両ブランドが成功するとブランドをモエ・ヘネシー社に売却し、そこで得た豊富な資金をさらに個性的なウオッカブランドの開発・製造に投じました。 ポーランド・グダンスクに最新鋭の蒸溜設備を設置して作り始めたブランドのコンセプトは何とも逆説的、「極上のウォッカをリーズナブルな価格で提供する」というものでした。そして生まれたのが「ソビエスキー・ウォッカ」、17世紀にポーランドを統治し国民に愛された「ヤン3世ソビエスキー王」の名前を戴いています。
同社は「世界のウォッカ・ビジネスのリーダー」を目指してポーランドのみならずロシア、ウクライナ、リトアニアでも高品質ウォッカを生産し、すでに世界で第7位のスピリッツメーカーにランクされています。