BB&R ( Berry Bros & Rudd Ltd )

ワイン商が造るスピリッツ・ブランド

ロンドン、ピカデリーサーカスからハイドパークコーナーに向かいホテル・リッツの一本手前を左に曲がるとセントジェームス・ストリートに入ります。 かっては中程右手にレストラン・サントリーがあったので日本の酒類業関係者にもなじみの深い通りです。 南端のセントジェームスパレスに向かって下り突き当りの少し手前左側がセントジェームス3番地(No3 St James’s Street)、印象的な深緑色の建物がBB&R(Berry Bros & Rudd)の店舗とオフィスです。創立は17世紀末、18世紀には英国王室にワインを納入するようになり現在もエリザベス女王とチャールズ皇太子から御用達指定を受けています。ただその歴史はワインだけにとどまりません。ワイン商としての「鼻と舌」を生かして造られたのがカティサーク・スコッチ・ウイスキーです。 数年前にスコットランドのエドリントングループに売却されましたが、その軽やかで華やかな味わいは今も世界中で多くの消費者を魅了し続けています。 同じセントジェームス・ストリートに店を構えるワイン商ジャステリーニ・アンド・ブルックス(Justerini & Brooks)が 造ったスコッチJ&Bも同じく軽めで華やかな味わいを持っているのは興味深いところです。

「ワイン商が造るスピリッツ」、英国王室御用達の「鼻と舌」から生まれた華やかで洗練された味わいをお楽しみください。

ブランドのオリジナル・ウエブサイト(英語)  http://www.bbr.com/whiskies-and-spirits